里山ごはん

【東京里山ごはん】鮭のムニエルとジェノベーゼソース&ジャガイモとベーコンのフリカッセ 2820/08/26

本日の献立

・鮭のムニエル ジェノベーゼソース

・ジャガイモとベーコンのフリカッセ

・紫キャベツとブロッコリーのサラダ

・夕顔のピクルス

・みょうがと茄子とはぐら瓜の浅漬け

・黒米入りご飯

・野菜スープ

・メロンとパイナップルのソルベ

・アイスティー

 

東京里山ごはん200826鮭のムニエル&ジャガイモのフリカッセ

 

まちだシルクメロンとパインのソルベ

 

各メニューの紹介

鮭のムニエル ジェノベーゼソース

自然農法を行うバンブービレッジさんの有機バジル。それに有機ニンニクを加えて作る自家製のバジルペーストを鮭のムニエルにかけました。

バジルは香りだけでなく、カロテンやビタミンEのほか、ミネラル分も豊富なハーブ。手軽にたくさん摂れると身体にとってもありがたいものです(^o^)。

鮭は、大島の天然塩“Flower of Ocean”を振り、30分ほどおき、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

塩胡椒で下味をつけたら、茶こしで表裏に小麦粉を振っていき、フライパンにバターを入れ、鮭を乗せたら、中火で火が通るまで、こんがり焼きます。

焦げ目がつく程度にしっかりと焼けたら、自家製ジェノベーゼソースとレモンを添えれば完成。

鮭のムニエルはよく食卓にも並ぶようなメジャーな料理かとも思いますが、ジェノベーゼソースでバジルの香りを足すことで、またひとつ心地よい風味をメニューに演出できます。

手軽に彩りもプラスできますので、ジェノベーゼソース、作っておくと何かと便利ですのでオススメです(^o^)。

【東京里山ごはん】鰆のハーブ焼きジェノベーゼソース添え&夕顔と夏野菜のベジミートチリソース 2020/08/19本日の献立 ・鰆のハーブ焼き ジェノベーゼソース ・夕顔と夏野菜のベジミートチリソース (夕顔 茄子 ピーマン ゴーヤ 玉ねぎ...

 

ジャガイモとベーコンのフリカッセ

フリカッセはフランスの家庭料理です。現地の言葉で“白い煮込み”を意味する、生クリームを使った白色の煮込み料理で、肉や魚介などを一度炒めてから煮込んでいきます。

よく似た料理としては、クリームシチューが挙げられますが、シチューは具材の旨味をスープに出していく調理法なのに対し、フリカッセは具材を先に炒めることで旨味を閉じ込め凝縮させていくような作り方をします。

水分を飛ばせば汁気も少なくなり、お弁当にも盛り付けやすくなるのも嬉しいポイントです(^^)。

今回は定番のバンブービレッジさんのトロトロじゃがいも、それにジューシーな角切りベーコンを加えた濃厚なフリカッセにしました。

ジャガイモは皮をむいて4等分に切り、水にさらしておきます。

玉ねぎはくし切り、ベーコンの塊は食べやすい大きさに角切りにしていきます。しめじは石づきを切りおとしておきます。

厚手の鍋にバターを溶かし、玉ねぎ、ジャガイモ、ベーコンを入れよく炒めたら、しめじも入れ更に軽く炒め、少量の水とブイヨンとローリエを入れ蒸し煮にしていきます。

10分ほどしたら、牛乳と生クリームを入れ、材料が柔らかくなるまで煮ます。

塩を足して味を整えたら、水分をとばし、ねっとりとさせたら完成。

まろやかなじゃがいもに、バターと生クリームの濃厚な香りが相まって、食べる前から美味しさが伝わってきます。

こんがり焼いた鮭のムニエルと、ホワイトソースもよく合います。角切りベーコンからは肉の美味しさも滲み出て、ボリュームもある一品となりました。

 

シルクメロンとパインのソルベ

暑い日にサッパリと食べれるフルーツ果汁盛りだくさんのソルベ。

高い糖度が特徴の“まちだシルクメロン”に、スッキリとした酸味をもつパイナップルを加え、暑さを吹き飛ばすヒンヤリスイーツに仕上げました。

メロンは、皮をむき、ミキサーにかけやすいサイズに切っておき、冷凍庫で軽く凍らしておきます。

シロップ漬けのパイナップルも一口大に切ったら、メロンを加え、シロップとともにミキサーでペースト状にします。

果汁ペーストを角パッドに広げたら、2時間ほど冷凍庫に入れておいておけば完成。

アイスクリームディッシャーまたはスプーンで盛り付け、自家製ミントを添えれば、夏にピッタリの爽やかソルベが出来上がります。

濃厚なお弁当にはもってこいの、食後のスイーツとなりました(^^)。

【オススメ紹介】本物メロンを手軽に味わう「東京シルクメロンゼリー」|東京町田の新しいお土産“Yahoo!ショッピング”スタート記念。東京シルクメロンゼリーを送料無料の特別価格で販売中! Yahoo!ショッピング「東京シル...

 

ABOUT ME
高井 大輔
横浜市出身、東京都町田市在住。 学生時代に“大学ボランティアセンター”づくりを目指し活動し、卒業後そのままセンターの職員に。大学周辺に福祉施設が不足していることを知り、大学を退職。障害福祉を扱う会社とNPOを設立。現在、施設運営を行いながら、「自ら生きる」をテーマとした生活づくりを実践中。