里山ごはん

【東京里山ごはん】ベジミートカレー&野菜8種のカップサラダ 2020/08/14

東京里山ごはん200814

本日の献立

・ベジミートカレー
(ターメリックライス 自家製ドライパセリ)

・揚げ野菜

・ガーリックフライドチキン

・8種類のカップサラダ
( コーン ミニトマト 人参 コリンキー きゅうり ルッコラ サニーレタス フェンネル)

・自家製柿酢の漬け物

・ブルーベリースカッシュ

・メロンプリン

・ジャスミン茶

 

東京里山ごはん200814ベジミートカレー&8種類のカップサラダ

 

東京里山ごはん200814-2メロンプリン&ブルーベリースカッシュ

 

 

各メニューの紹介

ベジミートカレー

本日はビーガンの方が数名いらっしゃることになりましたので、動物性の食品を使わずにランチを作っています。

ビーガンの方向けのカレーは、過去に何回か作っていますが、今回は肉が好きな方でも満足いただけるよう、“ベジミート”を使ったカレーにチャレンジしました。

【東京里山ごはん】有機野菜のベジカレー&青パパイヤとハーブのサラダ 2020/07/10本日の献立 ・有機野菜のベジカレー ・アスパラとカニかまの春巻き ・野菜の素揚げ (じゃがいも ナス インゲン) ...

“大豆”が主原料のベジミートは、たんぱく質、食物繊維、ビタミン、イソフラボンなど豊富な栄養素を摂取できる上、低カロリーが嬉しい食材として、ビーガンの方だけでなく、昨今多くの方に使われるものとなってきました。

まだまだ馴染みがない方もいるかとは思いますが、価格も挽き肉と同じくらいですので、お手頃で、調理もしやすく、イイこと尽くしの食材です。

ベジミートは、熱湯で3分ほど茹で、ザルにあげ、良く洗い、水気を切っておきます。

いい感じに柔らかくなったら、フライパンにオリーブオイルをひき、ベジミートを入れ、カレーペースト、カレー粉、塩、胡椒を入れ、しっかり味付けをしておきます。

バンブービレッジさんの有機玉ねぎ、セロリ、人参は、フードプロセッサーで粗みじんにしておきます。

食材が揃いましたらまず、厚手の鍋にオリーブオイルをひき、すりおろしニンニク、生姜を入れて香りを出します。

良い香りが漂ってきたら、玉ねぎを良く炒め、透明になってきたら、人参、セロリを加えていきます。

野菜が炒められましたら、カレーペーストとカレー粉を加え、カレーの良い香りがしてきたら、その中に、トマト缶を足していきます。

味付けしたベジミートを鍋にいれたら、マッシュルームをいれ、ベイリーフ、ねりごま、プルーンピューレ、トマトケチャップ、自家製しょうゆで味を整えていきます。

最後に、豆乳とメイプルシロップで甘みとまろやかさを出したら完成。

煮込むほどにベジミートに味が馴染んでいき、完成時には挽き肉と同じ感じの味わいになります。

カレーには、旬のジューシーなナスの素揚げと、ガツンと香りと旨みが溢れるガーリックフライドチキンを添えていますが、ビーガンの方向けには、ズッキーニの素揚げを添えました。

ターメリックライスのキレイな黄色に、自家製ドライパセリを振りかけ、色鮮やかな旬の夏野菜の素揚げ、夏の日差しに生き生きとしたハーブ、見た目も楽しめるカレー弁当となりました。

 

ブルーベリースカッシュ

相模原で今年二度目のブルーベリー収穫をさせていただきました。暑くなってきましたので、朝に採りに行ってもそこまで長い時間作業はできませんが…。

それでもこんなに採らせていただき、ありがとうございます(TOT)。

アントシアニンによる抗酸化作用で、免疫力アップに効果的なブルーベリー。これをふんだんに使用したスカッシュで、一気に贅沢にいただきます。

ブルーベリーはよく洗い、ヘタがついているものは取り除き、果実1キロに対して、砂糖300グラムを加え、30分ほど煮詰めます。

冷めたら、ハンドブレンダーでペースト状に。これに100ccほどのリンゴ酢を加えればプルーベリースカッシュのベースが完成。

炭酸で割れば美味しいブルーベリースカッシュになります。

充分なくらいにブルーベリーを感じるスカッシュ。果肉のツブツブ具合が、まさにそのまま果実を飲んでるような感じにさせます。

炭酸でスッキリと。暑さなんて気にせずゴクゴク飲めてしまう一杯です(^o^)。

ABOUT ME
高井 大輔
横浜市出身、東京都町田市在住。 学生時代に“大学ボランティアセンター”づくりを目指し活動し、卒業後そのままセンターの職員に。大学周辺に福祉施設が不足していることを知り、大学を退職。障害福祉を扱う会社とNPOを設立。現在、施設運営を行いながら、「自ら生きる」をテーマとした生活づくりを実践中。